バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック/経験者が詳しく解説します

バイアグラジェネリック

 

ジェネリック医薬品とは、新薬の有効成分そのものに対する特許である物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造・供給する医薬品で、後発薬と呼ばれることもあります。

 

特許権の存続期間は20年なので、特許が切れた薬はどこの製薬会社でも同じ成分で作ることが出来るようになります。

 

ただし、同じ名前で販売することはできないので、成分が全く同じだとしても名前は違うものになるんです。

 

唯一有効期限に関係なく薬を作っているのがインドです。

 

インドの国内法は成分特許を認めていないので、特許が切れた薬と言う概念はなく、インドの国内法において特許が認められていない、特許の適用から外れている医薬品がジェネリック医薬品として生産されています。

 

インドで製造された大量のジェネリック医薬品は、値段の安さもありアフリカなどの貧困国に輸出され、エイズに悩む人々の役に立っています。

 

欧米などは新しい法律を作ってインドに対抗しようとしていますが、インドから輸出が出来なくなると貧困国の医療は崩壊してしまうので、強硬に出られない現実があります。

 

いずれにしても、インドで安いジェネリック医薬品を製造してくれているおかげで、バイアグラのジェネリックが安く手に入ることは歓迎すべきですね。

 

具体的にどれくらい安くなるのでしょうか。

 

通常ですと50mgのバイアグラ1錠が病院では、1500円〜1800円程しますが、バイアグラのジェネリックですと、カマグラゴールドで50mgを1錠100円以下で購入することができます。※100mgを購入してピルカッターで半分にします。

 

バイアグラジェネリックは良いことずくめのようですが、気を付けなければいけないのが「ニセモノ」を購入しないようにすることです。

 

悪質な個人輸入業者は、格安の「ニセモノ」を購入させ、しばらくするとそのリンクを閉鎖してしまうことを繰り返しています。

 

値段が極端に安いバイアグラジェネリックは、避けた方が無難です。

 

ここのサイトでは「正規品」のみを取り扱う業者を紹介しています。

 

コストパフォーマンスに優れたバイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方は次のページからご覧ください詳しく解説しています

 

バイアグラジェネリックの効果と副作用

 

バイアグラジェネリックの効果は、接触などの刺激によって勃起を促すことなので、精力剤のように飲むとたちまち勃起して何回も性交が出来る薬とは違います。

 

バイアグラジェネリックの有効成分は「シルデナフィル」です。

 

この「シルデナフィル」が海綿体に血液を送るのを阻害しているPDE-5酵素の働きを抑制して、海綿体に十分な血液を送る事で勃起をする仕組みです。

 

 

この「シルデナフィル」は、最初は狭心症の薬として開発されたのですが、試薬を渡した試験者から残りの薬がなかなか返却されないため、問いただしたところ、勃起効果があることが判明したので改めてed治療薬として開発を進めたと言う経緯があります。

 

バイアグラはニトログリセリンなどの硝酸剤との併用は、血圧低下を招き命の危険があるのですが、発売当初はそのような知識もなかったため、うっかり併用してしまい亡くなる人が出てしまったんです。

 

そのため、バイアグラは危険な薬であると言う根拠のないデマが流布した時期もありました。

 

「シルデナフィル」は身体全体の血管を拡張し血流を良くする効果があるため、顔のほてりを感じたり動悸がしたりする場合がありますが、大きな疾病の引き金になることはありません。

 

個人差はありますが、「シルデナフィル」が視神経の血管に作用して、物が青みがかって見える症状がありますが、これも暫くの間ですぐに消えてしまいますので心配はいりません。

 

併用禁忌薬に注意すれば副作用が少ないバイアグラジェネリックの詳細はこちらからご覧ください

 

バイアグラジェネリックの使用法

 

バイアグラジェネリックには25mg50mg100mgの3種類が存在します。

 

最初はは25mg錠から服用を開始しましょう。

 

バイアグラジェネリックも食事の影響を受けますので、空腹時の服用が効果的です。

 

バイアグラジェネリックは即効性があるので、行為の1時間前に服用すれば早い人では30分位で効果が表れてきます。

 

効果は4〜5時間持続しますので、25mgで十分勃起し満足感が得られるのであれば、強いて50mgや100mgを使う必要はありません。

 

100mgの方がより効果が高いのではないかと思い込み100mgから使い始める方もいますが、100mgに身体が慣れてしまうと、100mgを使い続けなければなりません。

25mgで十分なのに100mgを使うのはお金の無駄使いになってしまいます。

 

25mgや50mgであれば、ピルカッターで50mgと100mgを半分にして使えば金額が半分で済んでしまいます。

 

「最小限の量で最大限の効果」を得ることが、最も賢いバイアグラジェネリックの使用方法です。

 

バイアグラジェネリック・国産

 

2014年5月19日「国産初のバイアグラジェネリック」が東和薬品株式会社から発売されました。

 

「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになったんです。

 

解禁されたとは言っても、他の特許と違って人間の身体に影響を与える医薬品なので、すぐに製造販売が出来るわけではありません。

 

「生物学的同等性」と、長期保存試験や加速試験などで「薬剤の安定性」を証明し、しかるべき手続きを経た後、厚労省から製造販売承認を得てやっと発売を開始できるんです。

 

東和薬品株式会社から発売されたバイアグラジェネリックは「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という商品名で1錠1200円という言う価格です。

 

 

 

薬の形状はOD錠といって、水なしで飲めるように薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶けるお薬の形をしており、コーヒー味とレモン味の2種類があります。

 

その後、2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」が発売されました。

 

「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」はOD錠ではないため、価格は1000円と「シルデナフィル OD 50mgVI・トーワ」より少し低価格になっています。

 

その後も、2014年8月4日には「株式会社陽進堂」8月20日には「武田薬品株式会社」から発売されました。

 

国産のバイアグラジェネリックは1錠1000円以上するため、価格的なジェネリックのメリットがあるかどうかの議論はありそうです。

 

ちなみに、インターネット通販でインド製のバイアグラジェネリック「カマグラゴールド」を購入すると、100mg錠が1錠744円ですから、50mg錠に換算すると372円なので、価格的には圧倒的に国産のバイアグラジェネリイクより安く購入できてしまいますからね。

 

国産バイアグラジェネリックの事がわかったところで他のバイアグラジェネリックをもっと知りたい方はこちらをご覧ください

 

バイアグラジェネリック・インド

 

バイアグラジェネリックなど、ジェネリック薬にはインド製が圧倒的に多いんです。

 

一般的にジェネリック薬を製造するためには、新薬の特許期限が満了してからでないと製造できないんですね。

 

各国の国内法で、医薬品の特許を認めているんです。

 

ところが、インドにおいてはこのような医薬品の特許に関する法律が、他の国とは全く違っているんです。

 

2005年までのインド国内の特許法では、医薬品は特許として認められていませんでした。

 

なので、新薬が出てすぐにジェネリック薬を製造しても、特許法違反にはならないんですね。

 

そのような事情があるため、たとえば「バイアグラ」の特許期限が到来しなくても、ジェネリック薬の「カマグラゴールド」を製造し、輸出する事が可能だったんです。

 

また、インドのジェネリック医薬品は「発途上国の薬局」と呼ばれ、「国境なき医師団」などが利用する薬の8割は、このインドのジェネリック医薬品で、支えられているのが現状だったんです。

 

国境なき医師団には高い新薬を使用できる財源はなく、インドのジェネリック医薬品なしには、医療行為をすることは困難だったんです。

 

インドのジェネリック薬は国が管理しているため、金額が低いばかりでなく品質や安全性も非常に高いことも、普及する要因だったんです。

 

その後諸般の事情から、2005年に医薬品の特許を認める法律がつくられたんですが、製薬会社にとってインドで特許を取る事は2005年以降もかなり高い壁があり、簡単に特許を認めてくれる状況ではないのが現状なんです。

 

また、アフリカなどの発展途上国の中には、貧しい国がたくさんあり、インド製のジェネリック薬品が無くては国の医療制度自体が崩壊してしまうくらいの影響力を持っているんです。

これからも、インド製のジェネリック薬は沢山販売されるでしょうし、発展途上国では、エイズ(HIV)の問題が大きく、このエイズ治療薬のほとんどがインドのジェネリック医薬品で支えられているんです。

 

そのような事情から、インド製のジェネリック薬を必要としている人は、増える一方ではないでしょうか。

 

バイアグラジェネリック・財政再建

 

日本の一般政府の負債合計(国の借金)は、2015年3月末で1206兆円と、名目GDP490兆円の246%に達してしまいました。

 

実質的に財政破たんしているギリシャでさえ、対GDP比は176%なので、その金額の多さには愕然としてしまいます。

 

日本の国民一人あたりにすると借金は833万円になる計算なんですね。

 

ただ、日本の場合は潤沢な国の金融資産や、1700兆円以上と言われる国民の金融資産を有しているので、すぐに国家財政が破綻してしまう事はありません。

 

それでも、毎年増え続ける財政赤字の解消は待ったなしの状態なんです。

 

財政再建策の柱の一つが、社会保障費の削減です。

 

高齢化を反映して、日本の社会保障費は2013年までの20年間平均で、毎年2.7兆円ずつ増加しているんです。

 

にもかかわらず、社会保険料収入は、原資となる所得の伸び悩みから毎年0.8兆円しか増加していないんです。

 

差引毎年2兆円弱の赤字が発生しているんです。

 

社会保障費の財政削減策の内、医療費の抑制策の目玉に「ジェネリック薬品の利用拡大」があるんですね。

 

日本でのジェネリックのシェアは現在およそ55%で、欧米に比べるとかなり低い水準となっています。

 

厚生労働省はこれを2018年度から2020年度の早い時期までに、欧米並みの80%以上に上げるという目標を掲げるとしています。

 

これが実現すれば、医療費は年間に1兆3000億円の削減になると、試算されています。

 

日本人の感覚として、「ジェネリック薬は新薬に比べて効果や品質が落ちるんじゃないか?」という先入観がありました。

 

現在は、大手の製薬会社が厳しい品質管理の基で安心安全なジェネリック薬を作っているので、一つの選択肢としてジェネリック薬を考える事は賢い選択になるはずなんですね。

 

国の政策としても普及して行くことが予想されるバイアグラジェネリックの詳細はここからお入りください

 

バイアグラジェネリック・PDE5 阻害薬

 

「バイアグラ」やバイアグラジェネリックの成分は、 シルデナフィルと言う薬名です。

 

同じくED治療薬である「レビトラ」と「シアリス」はそれぞれ「バルデナフィル」「タダラフィル」と言う薬名の成分なんです。

 

シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルはPDE5阻害薬とも呼ばれています。

 

PDE5とは、PhosphoDiestErase5(ホスホジエステラーゼ)の略なんです。

 

PDE5はペニスの中にたくさん存在している物質で、勃起を促す効果のある細胞内のセカンドメッセンジャーであるサイクリックGMP (cGMP)を分解してしまうんです。

 

cGMPは一酸化窒素を介して陰茎海綿体の平滑筋を弛緩させる働きがあるんです。

 

平滑筋が弛緩する事によって、動脈血の陰茎海綿体内への流入量が高まり、 勃起を促進する事ができるんです。

 

なので、バイアグラジェネリックなどのPDE5阻害薬で、PDE5が勃起の邪魔をしないようにコントロールする訳なんです。

 

バイアグラが発売されるまで、ED治療において有効なものがあまりなかった状況を一変させた画期的な薬剤として、バイアグラはセンセーショナルなデビューを飾りました。

 

バイアグラが発売されて15年以上、 ED治療薬は時間をかけて高いレベルの安全性を実証し、 かつEDに非常に有用な薬剤である事を証明する事が出来ました。

 

これからも世界中で、PDE5阻害薬として「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」は多くの人の役に立っていく事でしょう。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ